親の愛情と低身長|身長サプリメント口コミ

親の愛情と低身長

愛情と低身長

親の愛情と身長は深いつながりがあります。

 

もちろん大切に愛情いっぱいで育てていても、身長が伸びないことがあるので、自分だけを責めないようにしてください。

 

親の愛情が足りないと言うのは、虐待であったり、最近多いネグレスト(育児放棄)などで食事をきちんと与えなかったり、子どもに無関心だったりと虐待や放任によって成長を阻害しいろいろな症状を引き起こします。

 

  • 体重が増えない
  • 精神の発達や言葉が遅い
  • すぐ怒る(かんしゃく)
  • 自分の感情を出さない
  • 周りに興味を示さない

 

上記の症状がある場合には「愛情遮断症候群」の可能性があります。

 

愛情遮断症候群は、食欲旺盛でいっぱい食べたとしても、不思議なことに身長は伸びませんし、
もちろん身長サプリメントなどを飲んでも意味がありません。

 

原因が愛情が不足している=「親(母親)」にあるため、親と別々に暮らす
ことで元通りの
成長ができます。

 

 

また、子どもにとってはストレスは大きな負担となり、家庭環境によってはそのストレス負荷が
大きくなることがあります。

 

例えば、両親が離婚していたり離婚していなくても不仲な場合は、生活環境によって身長が
伸びなくなってしまうのです。

 

この場合は、今の環境を変えてあげること。

 

子どもにとって良い環境であれば『身長が伸びやすい環境』になるのです。

 

実際に親が離婚して海外でのびのびと育てると高身長になったり、虐待などから解放されて
身長が一気に伸びるとうこともあります。

 

 

見えない子どものストレス

子どものストレス

親は子どものためを思って言っている何気ないひとことが、子どもにとって大きなストレスになっている場合があります。

 

例えば、「○○しなさい」というのは親からしてみれば、愛情のひとつです。

 

しかし子どもからしてみれば、それがストレスとなってしまうことがあるので、注意しなくてはいけません。

 

もとからあまり食べられない子に「もっと食べなさい」「大きくなれないよ」と言うことは、子どもにとっては辛いことであり、ストレスで、口うるさく言えば言うほど、食べたとしてもストレスが負担になり、身長は伸びないのです。

 

口うるさく言ってしまう前に、その子の基準を知っておきましょう。

 

 

 

身長サプリメント口コミランキング!【失敗しない身長サプリの選び方】はこちら